Gear Review ギアレビュー モンベル ランドナーパック40L

リニューアルされたランドナーパック(写真は40L)
猛暑の中、リオオリンピックで日本の選手たちが激戦を戦いたくさんのメダルをもたらしてくれている8月中旬ですが、巷ではチラチラと冬の話題も出始めております。

サポート頂いているモンベルさんのホームページにも今年の秋冬新商品が発表されましたので、要チェックです。

そんな新商品の中でオススメのアイテムをレビューさせて頂きます。
その名も”ランドナーパック”。これはバックカントリー用に特化されたザックでして、既に先代のバージョンも使用させていただいておりましたが、今年の秋に大リニューアルされ新発売となります。
参考までに以前のレビューはこちらから

以前のパックは正直色々と改善点があったなーっと思っておりフィードバックもさせていただきましたが、今回リニューされたザック、はっきり言ってかなり良いです。
余分な部分は省かれ、よく使う機能はシンプルかつ効率よく使えるように改良されているので、先シーズン丸々+今年の夏もがっつり使用されせて頂いておりますが、不満点は殆どないほどの出来栄えです。

冬に使用する機能(背面が開いてメインポケットにアクセスできる)や雪崩ギア用のポケットなどは、夏でも使いやすい機能なので、私もそうですが冬のみならず、夏も使用できるザックです。
今から今年の冬用のザックを探している方、要チェックでっせ~!

背面にロゴが大きく配置されているデザイン
全体は紺とオレンジの色合いで。
オレンジがメインのバージョンも有るはず
夏も使用中
174cmが40Lを背負い中
その名もランドナーパック40L。33L、22L、15Lも同時発売
雨蓋を開けると裏はポケットに。
大事な物をいれましょう
雨蓋を開けるとメインポケットにアクセス
バックルが付いているのでロープなどを挟むことが可能
メインポケットには背中面が全部開くのでそこからもアクセス可能
背面のアクセスは二通り。
黒い紐を引っ張れば一気に開けることができる。
グローブをしていても問題なし。冬の使用が想定されている。
マジックテープでくっついている部分をはがすと、
上の写真が紐がでてきて、背面を開けることができる
もう一つのアクセス方法は、各サイド毎別々に開けられるファスナーも付いているので、
テルモスなどの小物はこのファスナーのみを開くことでアクセス可能
バックカントリー用なので雪崩ギアは外面の別ポケットに収納。
小さいポケットも付いているので、ヘッドランプなどを収納可
スノーボーダー用のストラップ。
スキーヤーの私には必要が無いので、これは切るつもり(スミマセン)
ストラップはぶらつかないようにオレンジのループの中に入れられる
ウェストベルトの左右にポケットあり。
日焼け止めやお菓子を入れておける
ザックのサイドにはスキーを挟めるストラップ。
キックステップであがる時などに重宝。
今バージョンではこのストラップがワンタッチに変更されたので、
素早くスキーを装着可能になった。
サイドのこのフックとザック底のループを使用することにより、
アイスアックスを装着可能
ボード用のストラップが雪崩ギアのジッパの上に来るので、
雪崩ギアにアクセスするにはストラップをはずさないと行けない。
これはジッパの耐性を上げるため(荷物を入れ過ぎるとジッパが勝手に下がってしまう)に
こうしているそうなのだが、スキーヤーにはいらないストラップなので、これも切る予定。
その分ザックにはものを入れ過ぎないように注意が必要になります。
説明を受けないとわからないストラップが両ショルダーについています。
これもボードを装着した時に、風で揺られないようにするためのものだそう。
これまたスキーヤーはいらないストラップです。
両ショルダーのストラップをボードに引っ掛けるようです。
ボーダーからの要求は多いようなので、ボードをする人は切らないように!
最近よくあるメット装着のネットは付属していませんので、
私は別売り(他社製)のをつけています
バックルを締めて、さー出発!

コメント